分かりやすく解説【中学1年生理科】植物と水中の微生物【確認問題つき】

中1理科

こんにちは!塾長のはいたっちです。
@hitouch_life

 

今回の授業では、植物や水中の微生物を勉強していきます。

 

よろしくお願いします。

 

はいたっち
はいたっち

覚えることが多いけど頑張ろう

スポンサーリンク

【中1理科|身近な生物】水中の微生物

近くの川の水を顕微鏡で観察すると、そこには様々な微生物が生息していることが分かります。

↓顕微鏡の使い方はこちら

 

観察することができた微生物を、詳しく確認していきましょう。

微生物は植物型と動物型に分けられる

水中の微生物は、植物型動物型という、2つのグループに分類することができます。

植物型の特徴

緑色の体(葉緑体を持つ)をしており、光合成を行うことができます。

  • アオミドロ
  • ミカヅキモ
  • ミドリムシ(特殊)
  • など

動物型の特徴

動き回ることが可能で、自分で栄養素を体内に取り込みます。

  • ミジンコ
  • ゾウリムシ
  • アメーバ
  • ミドリムシ(特殊)
  • など

ミドリムシは植物型と動物型の特徴を併せ持つ

動き回ることができ、光合成をすることもできるのが、ミドリムシです。

 

ミドリ(光合成ができる)虫(動きまわる)なのがミドリムシ

花のつくり

はいたっち
はいたっち

次は植物について詳しく観察していこう!

種子植物とは?

花を咲かせて、種子を作って増えていく植物を種子植物といいます。

 

さらに種子植物は、被子植物裸子植物に分類することができます。

 

はいたっち
はいたっち

種子植物以外には、『シダ植物』とか『コケ植物』があるよ。

花のつくりを詳しくチェック

はいたっち
はいたっち

胚珠や子房、めしべやおしべなど、名前を確認しておこう。

被子植物

胚珠が子房に包まれている植物を、被子植物といいます。

裸子植物

胚珠がむき出しになっている植物を、裸子植物といいます。

【受粉】胚珠や子房が成長すると何になる?

花粉がめしべの柱頭につくことを受粉といいます。

 

受粉によって、胚珠は種子に、子房は果実になります。

 

»胚珠→種子

»子房→果実

確認問題

次の問にこたえなさい

①おしべの花粉がめしべの柱頭につくことを何という?

②胚珠がむき出しになっている植物を何という?

 

はいたっち
はいたっち

確認問題の答えはこの記事の最後!

 

YouTubeで復習

YouTubeで視聴する

 

 

はいたっち
はいたっち

確認問題の答えがこちら!

解けたかな?

 

 ①受粉 ②裸子植物

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました