中学1年生の数学【正の数・負の数】【確認問題つき】

中1数学

こんにちは!塾長のはいたっちです。
@hitouch_life

 

今回は中学1年生の数学から、正の数負の数を解説していきます。

 

はいたっち
はいたっち

よろしくお願いします!

 

スポンサーリンク

正の数・負の数の超基本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは!正の数負の数の超基本からおさえておきましょう。

 

0より大きい数を正の数

 

0より小さな数を負の数

 

はいたっち
はいたっち

簡単ですよね!

正の符号(+)と負の符号(−)

正の符号をプラス(+)

 

負の符号をマイナス(−)

 

はいたっち
はいたっち

覚えるまでもありません。

【自然数?整数?】正の数負の数で出てくる言葉たち

正の数負の数では、いろいろな言葉を覚える必要があります。

 

これがなかなか複雑で、覚えるのが面倒くさいですが、一気に覚えてしまいましょう。

整数っていったいなに?

まずはじめに覚えておきたい言葉が『整数』です。

 

−3とか0とか2とか50とか・・・、これらは全部整数です。

 

しかし、0.1や1/2などは整数ではありません。

 

0.1は小数で、1/2は分数ですよね。

 

マイナスでもゼロでも整数だよ!

自然数っていったいなに?

整数の中で、正の整数を『自然数』といいます。

 

1も2も10も100も自然数です。

 

しかし!ゼロは自然数ではありません。

 

【要注意】ゼロは整数だけど自然数ではないよ!

確認問題

次の数の中から自然数を選びなさい

-5, -4, +2, 0, 4.2, -8, +1, -3.9

 

はいたっち
はいたっち

確認問題の答えはこの記事の最後!

正の数負の数の超基本のポイント!

負の数(マイナスの数)やゼロ(0)は自然数ではない!!

 

YouTubeで復習

 

 

はいたっち
はいたっち

確認問題の答えがこちら!

解けたかな?

 

+2, +1

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました