分かりやすい!【中学1年生数学】正の数負の数の計算問題【和差積商】【確認問題】

中1数学

こんにちは!塾長のはいたっちです。
@hitouch_life

 

今回は、正の数負の数の計算問題をやっていきましょう!

 

はいたっち
はいたっち

足し算・引き算・掛け算・割り算を練習していくよ!

スポンサーリンク

正の数負の数の足し算(和・加法)

まずは『同じ符号のとき』の足し算です。

 

これは簡単ですよね。

 

絶対値(数字)を足して、最後に符号をつけるだけです。

 

プラスだったら『+』

 

マイナスだったら『−』

 

+の符号は省略できる!
はいたっち
はいたっち

+1は1って表現できるよ。

違う符号の時の足し算

違う符号の時の足し算は、『引き算』をする必要があります。

 

引き算をして、大きい数字のほうの符号をつけましょう。

 

はいたっち
はいたっち

『−』の符号がついているのでなんとなく分かるよね!

正の数負の数の引き算(差・減法)

正の数負の数の引き算で覚えるルールはたったひとつです。

 

『引く(マイナス)』の後の符号を変えてから足す!

 

これだけです。

 

『ひく』の後の符号を変えてから足そう!

 

はいたっち
はいたっち

簡単でしょ!

正の数負の数の掛け算と割り算(積と商)

掛け算と割り算はとっても簡単です。

 

普通に掛け算(割り算)をして、同じ符号なら+、違う符号なら−をつけましょう!

同じ符号って?

+と+は同じ符号だよね。

ーとーは同じ符号だよね。

違う符号符号って?

+とーは違う符号だよね。

ーと+は違う符号だよね。

はいたっち
はいたっち

掛け算割り算のほうが簡単です。

確認問題

次の問題をけいさんしたまえ

① +5ー(−2)

② ー4×(ー4)

③ ー9÷3

はいたっち
はいたっち

確認問題の答えはこの記事の最後!

YouTube動画で復習しよう!

YouTubeで復習

 

 

はいたっち
はいたっち

確認問題の答えがこちら!

解けたかな?

 

①+7(7でもOK)②+16(16でもOK)③−3

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました