分かりやすい【中学1年生数学】1次方程式の解き方【確認・練習問題つき】

中1数学

こんにちは!塾長のはいたっちです。
@hitouch_life

 

今回の授業は1次方程式です。

 

このあたりの単元から、徐々に数学らしくなってきますね。

 

はいたっち
はいたっち

楽しんでやっていきましょう!

スポンサーリンク

1次方程式を“解く”ってどういうこと?

2x+4=-x+10

 

この方程式を解くとはどういうことでしょう?

『X=』の形をつくろう!!

方程式を解くとは、『X=』の形を作るということです。

 

X=1とか、X=2とかいう答えになります。

一次方程式の解き方

1次方程式では、『X=』の形を作ります。

 

そのためには、どうしたら良いのでしょうか?

 

簡単ですよね!!

 

左側にXを集めて、右側に数字を集めればよいのです。

移項させると符号が変わるよ!

文字を集める時に気をつけるポイントは、文字を移動(移項といいます)させると符号が変わるということです。

 

上の画像を見て下さい。

 

式の右側にある(ーX)を、左側に移項させると、(+X)に変化しています。

 

さらに・・・

 

左側にある(+4)を、右側に移項させると、(−4)に変化していることが分かります。

 

このように、文字や数字を移項させると符号が変化するというルールがあります。

 

文字や数字を移項させると符号が代わるよ!!

方程式を整理する

さて・・・移項が終了しました。

 

左側に文字が、右側に数字が集まったと思います。

 

左;2X+X=3X

 

右;10−4=6

 

つまり・・・

 

3X=6ですよね!!

両辺を3で割る

ゴールは『X=』の状態です。

 

はいたっち
はいたっち

Xの前にくっついている3が邪魔だよね

 

だったら両辺(左も右も)を3で割ってあげましょう!

 

はいたっち
はいたっち

もう答えはでたよね!

確認問題

次の方程式をといてみて下さい

5x-2(x-3)=9

 

はいたっち
はいたっち

確認問題の答えはこの記事の最後!

YouTube動画で復習しよう

YouTubeで視聴する

 

 

はいたっち
はいたっち

確認問題の答えがこちら!

解けたかな?

 

X=1

コメント

タイトルとURLをコピーしました