分かりやすい【中学1年生数学】文字式の基本【確認・練習問題つき】

中1数学

こんにちは!塾長のはいたっちです。
@hitouch_life

 

今回は文字式の計算方法を紹介します。

 

計算式の中に、『X』や『a』などの文字が入っている場合の計算方法を勉強しましょう。

スポンサーリンク

文字式の計算方法

文字式の計算はとても簡単です。

 

文字と文字(同じ文字)

 

数字と数字

 

・・・を計算するだけです。

 

文字の前の『1』は省略できる!

文字式を計算するルール

文字式のルール1:『×(かける)』は書かない

文字式では『×(かける)』を省略します。
  • 2×X=2X
  • X×a = aX
  • 100×Y=100Y

 

文字式では『×(かける)』を省略しよう!

文字式のルール2:同じ文字をかける時は指数を使う

同じ文字を何回もかける時は指数を使って表します。

 

  • X×X=X²
  • a×a=a²
  • Y×Y×Y=Y³

 

同じ文字を何度もかける時は指数を使う!

文字式のルール3:割り算は分数にする

文字式では割り算を分数で表します。

 

  • 2÷X=2/X
  • X÷Y=X/Y
  • X÷Y÷Z=X/YZ
割り算の時は分数を使う

確認問題

次の問題にこたえてほしいなぁ

-a÷b÷b×5

 

はいたっち
はいたっち

確認問題の答えはこの記事の最後!

YouTube動画で復習しよう

YouTubeで視聴する

 

 

はいたっち
はいたっち

確認問題の答えがこちら!

解けたかな?

 

-5a/b2

コメント

タイトルとURLをコピーしました