【誰でもわかる中学2年・社会】江戸幕府の成立|定期テスト・入試予想問題

中2社会

こんにちは!塾長のはいたっちです。
@hitouch_life

 

中学2年生の社会を解説していきます。

 

今回のテーマは『江戸幕府の成立』です。

 

おすすめ参考書

スポンサーリンク

徳川家康が江戸幕府を開いた!

徳川家康豊臣秀吉の死後、関東で勢力をのばしました。

徳川家康の基本年表

  • 1600年、関ヶ原の戦い石田三成を破る
  • 1603年、征夷大将軍に任命され江戸幕府を開く
  • 1615年、大阪の陣にて豊臣氏を滅ぼす

【江戸幕府の政治】幕藩体制の確立

約400万石の幕領と、家臣の領地を合わせて、全国の約4分の1の土地を支配したといわれています。

五街道を整備し、街道に宿場をおき、箱根などの要地には関所を設置しました。

幕府(将軍)と(大名)という主従関係を構築し、人民を支配しました。

これを幕藩体制といいます。

武家諸法度

武家諸法度というルールを作り、大名が許可なく城を修理することや、大名同士が無断で縁組をすることなどを禁止しました。

参勤交代

3代将軍家光のときに参勤交代という制度と作りました。

参勤交代という制度は、大名が1年おきに江戸と領地を往復するという一見“無駄”な作業です。

この無駄を強制することで、大名の財政を苦しめて、力をつけさせないようにしました。

はいたっち
はいたっち

これは完全にパワハラです

江戸幕府の仕組み

江戸幕府の仕組み

大老

臨時のときにおかれる役職

老中

日常業務の最高責任者

・大目付

・町奉行

・勘定奉行

・遠国奉行

若年寄

老中の補助を行うのが仕事

寺社奉行

寺社の取りしまりをおこなう

京都所司代

朝廷を西国大名の監視

大阪城代

西国の軍事を担当

厳しい身分制度の確立

武士と町人、百姓という厳しい身分の差が誕生しました。

武士には様々な特権をあたえ、百姓は土地にしばりつけました。

村八分

全人口の8割を占めていたとされる百姓たちには、非常に厳しいルールが課されます。

その“おきて”や“しきたり”を破るものには、村八分という非常に厳しい罰が与えられました。

村八分というのは、いわば“無視”です。

当時の百姓は助け合わなければ生きていけません。

自分の村のコミュニティーが人生の全てです。

そこで“無視”をされれば…

どんなに辛いことか想像もできません。

はいたっち
はいたっち

僕たちの先祖はなんて残酷だったんだろうね!

今の時代を生きる僕らは、こんな下らないことをやるのは絶対にやめよう!!

えたとひにん

百姓や町人よりも、さらに身分の低い『えた』や『ひにん』とよばれる人たちが存在しました。

えたやひにんが存在することで、百姓は『おれたちはまだマシだ』と錯覚して一生懸命年貢を納め続けます。

はいたっち
はいたっち

僕たちと同じ人間の価値観とは思えませんね。

この時代に生まれていたら『おれには無理』って言ってもいいでしょう。しかし、今の時代『おれには無理』なんてことはありませんよ。

定期テスト・高校入試予想問題

  1. 関ヶ原の戦いに勝ち江戸幕府をひらいたのは?
  2. 幕府が定めた大名を統制するための制度は?
  3. 参勤交代は3大将軍〇〇のときに定められた
  4. 江戸幕府において日常政務の最高責任者は?
  5. 有事の際に江戸幕府におかれる臨時の役職は?

答え

 

はいたっち
はいたっち

確認問題の答えがこちら!

解けたかな?

 

  1. 徳川家康
  2. 武家諸法度
  3. 家光
  4. 老中
  5. 大老

中学社会におすすめの参考書

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました